« おはようございます。 | トップページ | ついに魔の手が… »

2011年11月15日 (火)

全国男性保育者研究交流集会とやま大会

11月12日~13日にかけて開催されました。

私の生まれる以前から
「一人ぼっちの男性をなくそう」
「女性と同じように資格を認めてもらい保育園で働きたい」
と継承されているこの集会。

11年前に当然のように採用試験を受けて
就職できたのも、そして音楽活動を楽しめるのも
先輩方の運動があったからなのです。


今回、往路復路ともに私の助手席に座っていただいたのは
前回愛知で開催された東海集会の実行委員長。
保育士としても、社会人としても経験豊かで、
約4時間の道のりも、笑いあり、シリアスありで
あっという間。特に、絵本の読み方は参考になりました。
(後日紹介する実践集にも執筆されています。)

ロビーに到着するなり、再会を喜び合う
握手、ハグなどで気分は一気に盛り上がりますimpact
そしてそのまま自主交流会「分科会6」開催sweat01
一般的な研修会や実践検討では学べない、
まさにリアルな現場の実情が…

1111122
[PHOTO えびすブラザーズ ハッシー]

そして、待ちに待った夕食交流会
愛知もしっかりPR。
私たちの兄弟的ユニット えびすブラザーズ
弟がいる 三重の皆さんとも乾杯beer

この解放感と安心感
日頃はなかなか味わえません。

2日目は保育士なら誰でも知っている
汐見稔幸先生の講演
「子どもにとって遊びとは」

・昔のあそびと今のあそびの変化
・あそびを通して身につく力
・カイヨワとホイジンガの論点の差
など、人類の進歩 子どもの発達を
絡めて 時折ダジャレを交え
明るくお話くださいました。

私にとって印象的だったのは、
道徳的に伝えなければならないと考えていた
家族・他人を大切に思う気持ち
社会のルールを守ること などは
あそびの中で身につくということ。
(もちろん、TVゲームやDVDアニメではなく)

そんなあそびの環境を、
現代社会にどのように作ってあげられるのか…
とても私には考え付きませんが、
今後の子どもたちのあそぶ姿を
じっくり観察してみようと思います。

1111121
[PHOTO Benさん]

とやま実行委員会のみなさん、
宴会や二次会で遊んでくださったみなさん
ありがとうございました!

次回開催地は未定だそうですが
その前に、2012年兵庫合研で
みんなと笑顔で再会できるように
元気に保育していこうと思いますrock

|

« おはようございます。 | トップページ | ついに魔の手が… »

保育・子育て」カテゴリの記事